78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

IPO

IPOに申し込もう

投稿日:




IPOはあがりやすい?

新しく証券取引所に上場して、誰でも売ったり買ったりできるようになる株のことを新規公開株、IPOというそうです。株式市場で扱う前に、抽選で株を買う権利が配られます。新しく上場する株はみんなが欲しくて買い注文を入れるので、抽選で当たって上場直前に株を購入できれば上場日に売却するだけで利益がでるそうです。しかもけっこう利幅がゴツく、勝率も高いとのこと。ただ、みんなが狙っているのでなかなか当選しにくいようなのですが、それほどリスクも感じられないのでチャレンジしてみます。

当選しやすい証券会社がある?

IPOは申し込む証券会社によって、当選確率が全然違うようです。なぜでしょう?

・取り扱い数が違う!

証券会社によってIPOの取り扱い数が違います。今回のIPOはA社とB社から申し込めるけど、C社からは申し込めません、なんてことがあるのです。もちろん取り扱いの多い証券会社の方がいいですね。

・抽選方法が違う!

資金の量に関係なく、公平に抽選してくれる証券会社がよさそうです。この間まで借金生活だった自分はお金持ちと同じ土俵では戦えないので、資金がなくても抽選の機会が平等にもらえる証券会社を選びたいところです。

普段取引しているSBI証券を調べたところ、取り扱い数は文句無し、抽選方法は公平だけど資金によって申し込める口数が変わるそうです。落選してもポイントが貰えて、貯めるといずれ必ず当選するそうなので申し込むぶんには損しませんね。申し込んでみます!

ブックビルディングに参加しました

ちょうど期間内だったので、SBI証券からIPOに申し込んでみました。

・ビーブレイクシステムズ[3986]

・ディーエムソリューションズ[6549]

・エコモット[3987]

の3社です。

SBI証券では資金が多いほどチャンスが増えるので、今用意できる目一杯の資金からストライクプライスで割った口数を申し込みました。資金が拘束されるのは抽選日だけで、落選すれば資金拘束も解けるようなので、手間はかかりますが資金の動かしようによっては多く申し込めます。要は見せ金でもいいから抽選日に用意できれば!ってことですね。

ビーブレイクシステムズの抽選日は明日6/5なので、忘れずにお金を移動させたいと思います。お金を入れてないと抽選もされず、外れた時のポイントも貰えないですからね。

更に口座を開設しよう

SBI証券を使っている世の中のお金持ちたちはたくさんの資金で申し込みをするそうです。何千万とか何億とかの資金には到底かないませんので、一人一票で申し込める完全公平抽選を採用している証券会社に口座を作ることにしました。

新たに開設申し込みをしたのは2社、岡三オンライン証券とライブスター証券です。どちらも完全公平抽選で、事前に資金を入れる必要がないのが決め手です。抽選までお金がいらず、当選してからお金を用意すればいいので、気軽に抽選に申し込みできるのが気に入りました。資金が乏しい自分には、資金移動の手間がかからず申し込みに参加できるのは大きなメリットだと思います。

今後は3つの証券会社からゆるゆるとIPOチャレンジをしていきます。当たるといいなあ。







-IPO

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.