78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

ETF

ETFにも手を出そう

投稿日:




ETFって何ですか

投資信託をいくつか買って、いろいろ調べているうちに、ETFがいいよ!と書いているサイトを見かけることがありました。ETFはExchange-Traded Fundの略で、正式には上場投資信託、というそうです。投資信託は一日一回値段が決まりますが、ETFは一日中価格が変動していてその時々の価格で売買が行われます。注文する際には指値注文・成行注文が使えます。株の取り引きみたいですね。

ETFは信託報酬が投資信託より安く設定されているものが多く、長く保有するならETFのほうが有利かもしれないので、ちょっと買ってみることにしました。

海外ETFがコスパ最強?

いろいろ調べてみると、海外ETFなら信託報酬が激安!コスパ最強!と書いてあるサイトが多かったように思います。投資信託もそうですが、日本に投資するよりも世界、特にアメリカに投資する商品の方がリターンが高いと思っているので、早速SBI証券に海外株式口座を開くことにしました。

申し込んで必要書類を返送するとすぐに口座が開設されたので早速チャレンジしようかと思ったのですが、よく考えると海外ETFってドルで扱っているのでなんとなく敷居が高いんですよね。円からドルに換金するレートも計算しなきゃいけないし、信託報酬は安いけど販売手数料が結構かかるらしいし。NISA口座で取引すれば販売手数料はかからないそうなのですが、NISA口座はセゾン投信で開設していまいました。なんやかんやで再考です。

国内ETFでも海外に投資できる?

S&P500指数に連動するETFを買っておけば間違いないとあのバフェットさんもいってるよ、とのことだったので、購入を考えていたのはバンガード・S&P500 ETF[VOO]でした。信託報酬も0.04%と格安で、確かに投資信託よりコスパがいいかも?と思っていましたが、初心者の自分にはドルでの売買はなんだか不安が残るのでした。

踏ん切りのつかないままS&P500指数について検索していたところ、不安を解消してくれそうな商品を見つけました。SPDR S&P500 ETF[1557]です。[1557]は海外ETFであるSPDR S&P500 ETF[SPY]の東証上場版で、国内ETFでありながらS&P500指数に投資できるので、ドルのことなんて気にせず気軽に買えそうな気がします。信託報酬も0.09%に抑えられていて、投資信託よりはまだまだ安いですね。これでいってみます。

1557を買ってみました

SBI証券で指値注文を出してみると、あっさりと買えました。購入手数料はスタンダードプランなので130円です。日本円の取引って簡単だなあ。海外ETFを買った場合は手数料が購入価格の0.45%かかるのですが、手数料は最低5ドル最高20ドルというルールがあるので、ちょこちょこ買うのだと毎回5ドルかかってしまいます。手数料無料のNISA口座を使えるなら[VOO]を買ってみたいところですが、しばらくは[1557]を買っていくことにします。

配当金も出るようですし、夢の不労所得生活への第一歩としてできるだけ多く買っていきたいです。ETFも月々定額で積み立てできればいいんですけどね。







-ETF

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.