78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

確定拠出年金

確定拠出年金(企業型)が導入されます

投稿日:




確定拠出年金ってなに?

私の勤める会社でも、今年の夏から確定拠出年金が採用されることになりました。

「確定拠出年金」って名前が悪いと思うんですよね。拠出することが確定している年金?そもそも拠出が何のことかわからない。辞書で調べると「相互扶助のために金銭や物品を互いに出し合うこと」とありますが、やっぱりよくわかりません。

ウチの会社ではみずほ銀行で確定拠出年金が始まるので、今週はみずほ銀行さんによる社員向けの説明会を開いてもらっています。シフトの都合もついたので、初日の朝一で参加してきました。

年金は自分で運用しましょう

みずほ銀行さんの説明によると、「これからは年金は自分で運用してね。60歳までおろせないけど、税金かからないのでお得だよ。減らしたくないなら定期預金、増やしたいなら投資信託で運用してね。投資信託には株式型や債券型があるよ。株式と債券は逆の値動きになるからね。定期預金、株式、債権に分散投資して頑張ろう!」とのことでした。正直事前にネットで勉強した情報と一緒です。説明会のあとに疑問をぶつけてみました。

IDeCoとの併用は可能ですか?

みずほ銀行さんの説明だと「できません」とのことでした。あれ、ネットで調べるとできるようなこと書いてあったりしたけど。よく聞いてみたら証券会社・銀行によって違うようです。みずほ銀行だとできないみたいですね。

ちょっと気になる点が

みずほ銀行で扱ってる投資信託の数が少ないんですよね。12本しかありません。

国内債券が1つ

国内株式が4つ

海外債券が1つ

海外株式が2つ

バランス型が比率違いで6つ

複数あるもののうち半分はアクティブ運用となっています。アクティブファンドでインデックスファンドに勝っているものは少ないと言われているので、そこを除くと自然と選択肢は絞られる、というより選択肢が無いんですよね。ネット証券のIDeCoで扱っている商品数は60本を超えていたりするので、かなり差があります。ちょっぴりがっかりです。みずほ銀行さんにつっこんでみましたが、モゴモゴするだけでした。どうやら商品が少ない自覚があるみたい。

ウチの会社では興味がない人が多数派

私の職場はちょっと特殊な業界なので、専門学校を出た人が多いです。机に向かってやる勉強は苦手な人たちです。説明後も

「わかんないからやらないー」

「数字がいっぱいでさっぱりだったから寝てた」

という人ばかりでした。

稼いでは酒を飲み、ギャンブルをする人が多いんですね。わかります。自分もそうでしたから。

もちろん運用しますよ

私はもちろん積極的に運用しようと思っています。運用益ももちろんですが、節税効果が大きいと思いますので。今月中にはマッチング拠出額を決めなくてはならないのですが、最高53,000円までということで悩みますね。全額行きたいところですが、手取りがそれだけ減ると日々の生活が苦しい…控え目な金額でスタートせざるを得ないです。

高給取りが羨ましい。







-確定拠出年金

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.