78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

IPO

IPOは宝くじ

投稿日:




IPOが当たる気がしません

自分のメインの取引口座はSBI証券を使っています。他にもいくつか証券口座を持っていますが、IPOの申し込みはやはり幹事数の多いこちらがメイン。

SBI証券は抽選の仕方は公平だけど、申込数によって当選確率が上がる口数比例方式を採用しているそうです。資金量にモノをいわせてたくさん申し込めばその分当選確率が上がるということで、宝くじをたくさん買ったほうが当たりやすくなるのと一緒ですね。当たらないですけど。

いわれるまでもなく自分はお金持ちではありませんので、資金量にモノをいわせて・・といった力技は不可能です。ネットで調べるとみなさん肝心な額はぼかしていますが、少なくとも1000万以上はつっこんでいるのではないでしょうか。無理無理。

わたしのIPOにかけられる資金は300万です。300万で申し込める最大口数でIPOの申し込みをしています。もちろん貧乏な自分には300万もの大金を自由にはできません。いわゆる見せ金ですので、抽選日に資金を移動して、抽選が終わったら速やかに戻すべきところに戻してしまいます。せめてチャレンジポイントだけでも確保したいので。

資金が無くても勝ち負けに持ち込める証券会社?

完全公平抽選を唄う、素晴らしい証券会社がありました。お金持ちもそうでない方も口座1つにつき1つの抽選権利がある証券会社。これなら勝負できそうです。

いくつか公平抽選の証券会社はあるのですが、抽選日やブックビルディング期間に資金が拘束されてしまうようで、当選してから資金を用意すればいいという、とっても貧乏人に優しい制度を採用している岡三オンライン証券とライブスター証券に期待したいところです。

取り扱い数に差があります

はりきって口座を開いてみたはいいものの、2つの口座とも「現在取り扱いのIPOはありません」という文字が表示される日が続き、やはり最大手のSBI証券とはかなりの差を感じます。

しばらくはSBI証券に見せ金を入れたり出したりしながらポイントを貯める日々が続きそうですね。今のところ6連敗ですが、運にまかせて当たってみたいものです。明日はソウルドアウト[6553]の抽選日。当たるといいなあ。

 

分売なら当たるかなあ?







-IPO

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.