78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

雑記

選挙は株価を左右するの?

投稿日:




10/22は選挙です

明日10/22は第48回衆議院議員総選挙です。

わたしはすっかり大人ですが、選挙の投票に行ったことがありません。仕事では選挙事務所に行ったり、〇〇党本部とかにも行くこともあるんですけどね。明日もなんとか党本部に行きます。

選挙といえば株価が動くらしいです。今まではまったく興味がありませんでしたが、毎月の積立をするようになると多少なりとも気になります。

記憶に新しいのは去年のアメリカ大統領選挙ですね。共和党のトランプさんが勝ったことで、一時はトランプ・ショックか?と言われていましたが、トランプさんの勝利宣言のあとの米国相場は株高一直線でした。アメリカは政党に関係なく株価上昇を目指している国なんだなあと思います。

 

日本はどうでしょう

アベノミクスさん率いる自民党が勝つと、株価は上昇方向になるそうです。日経平均株価も21000円を超えましたし、アベノミクスって凄いんですね。何年か前の民主党が政権を握った時は思いっきりデフレになりましたが、インフレを目指すと消費活動が上がって景気が良くなるって昔学校で習いました。毎年2%のインフレを目指す政策なら、自分の給料にも上昇が反映されるとっても嬉しいのですが、まるで実感がわかないのが庶民のわたしの不満です。

今回の選挙は

自民党勝利なら

アベノミクス継続で株価上昇、消費税率10%導入で下落?

保守系政党・リベラル系政党の勝利なら

アベノミクス終焉で株価下落、逆に歪みが是正されて上昇?

と言われていて、どっちに転ぶかさっぱりわかりませんね。

 

今回の選挙はアベさんの支持率の低下の原因になった不祥事から、追求をそらすための意義のない解散ではないかという意見もあるので、結局のところここ数日で上がりすぎた株価が元にもどっていくだけなんじゃないかなあと思っています。

株価が上がっても下がっても、積立しかやってないわたしにはあまり関係ないのかもしれません。上がったらプラス表示が増えて嬉しいし、下がったら安く仕込めて嬉しいので。

 

でもやっぱり気になるので、今後は投票もしつつ選挙相場を観察したいと思います。







-雑記

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.