78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

雑記

ギャンブルを辞める方法は?

投稿日:




パチンコの中毒性?

ギャンブルでかつて借金生活にまで追い込まれたわたしですが、最近はすっかり卒業した・・つもりだったのですが、久々にパチンコ屋に吸い込まれてしまいました。もちろん負けました。

昔は月に5〜8万は負けていたと思います。多分1年間で100万弱は負けていたかと。1日で家賃分負けた時はそれはもう猛省したものです。でも次の日になると「今日こそ取り返すぞ!」と無駄なポジティブ精神が湧き上がるんですよね。病気なんだなとつくづく思います。

 

なぜパチンコをするの?

パチンコにハマるのは、貧乏人です。断言します。年収1000万ある人はパチンコなんてやりません。そんなことしなくてもお金、持ってますから。

年収1000万の人は手取り年収は700〜800万になるそうです。間をとって手取りが750万円だとして、ボーナスを考えない場合の月々の手取りは750÷12=62.5万円になります。何時間もの時間をかけて、服を煙草臭くして、その見返りが数万円のお小遣いだなんて馬鹿らしいですよね。しかもほとんどは負けだとわかっているのに大事なお金と時間を費やすだなんて愚の骨頂です。年収1000万の人たちは当然そのことをわかってます。

日本人の平均年収は422万円だそうですが、この場合はどうでしょう。手取り年収は300万ほどになるそうです。ボーナスを考えない場合の月々の手取りは300÷12=25万円です。パチンコで3万円も勝ったなら大喜びです。3日間働かなくてもいいのです。自分からカモられにいくのもわかる気がしますね。

 

ギャンブルは勝てません

ギャンブルには控除率というものが存在します。胴元の取り分が最初から計算されていて、長い目で見るとその控除率に収束するそうです。胴元の取り分がないとギャンブルが開催できません。

Wikipediaによると、主なギャンブルの控除率は

宝くじ:55%

toto:50%

公営競技(競馬や競艇など):20〜30%

パチンコ・パチスロ:10〜15%

だそうです。

宝くじは買った時点で半分以上持っていかれるんですね。7等の300円以外はまったく当たったためしがないので、私の場合は9割持ってかれてます。他の人の高額当選などを合わせて55%なんでしょうか。

パチンコは15%くらいだということで、8割〜9割は戻ってくる計算ですね。意外と良心的なのか?と感じたりしますが、大きな落とし穴があります。パチンコに行く人は「絶対に勝って店を出たい」のです。9割では絶対に満足しません。満足しない結果、打ち続けて軍資金が切れてしまい途中退場となります。

宝くじとパチンコの違いは再投資できるかどうかにあると思います。

宝くじは一度買えばおしまいです。当選日までなにもやることはありません。30000円で100枚購入した場合の期待値は、55%取られる計算なので30000円×45%=13500円となり、16500円の負けですね。こうなると次の宝くじの開催までぐっとこらえて待つ羽目になります。

→実際には7等しかまず当たりませんので負け額は27000円になります。

パチンコの場合1分間に打つ球の数は約100発なので、1時間だとおよそ6000発ですね。球1発は4円なので、1時間に24000円使ってます。その場合の期待値は、15%取られる計算なので24000円×85%=20400円となり、3600円の負けですね。ところがパチンコの場合はぐっとこらえる必要がありません。目の前にはいくらでもパチンコ台があり、球もまだまだありますから。1時間に3600円負ける計算なので、5時間打てば18000円、10時間打てば36000円負けてしまいます。最近は等価交換の店も減っているので、もっと負けるかもしれません。

→実際には持ってるお金を全部無くすまでやめませんので負け額は人によります。今日のわたしは2万負け。

もちろん理論値なので、時には理論を打ち負かすほどのパフォーマンスを発揮して勝てるのかもしれませんが、わたしの場合は宝くじもパチンコも期待値以下の結果しか出せてません。期待以上の結果が出せる男なら、小さい頃からとっくにそうしているでしょう。あらゆる面でパフォーマンスを発揮できなかったからこそ年収1000万に届かず、ギャンブルで一発逆転などという理論的には絶対に不可能な淡い期待をしてしまうのです。

 

もう卒業させてください

毎回卒業を心に誓うのですが、万が一行きたくなったら時給マイナス3600円だぞと暗示をかけて過ごそうと思います。具体的な負け額がイメージしやすくていいですね。

パチンコ業界で働いている人には悪いですが、わたしの本音は「パチンコ屋は全て潰れてしまえ」です。店がなければさすがに行けません。

わたしがパチンコを始めた2001年当時のパチンコ屋の数は約16800店舗、2017年は約10800店舗だそうです。6000店舗も減りました。その調子で頼む







-雑記

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.