78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

雑記

ローン返済のために働くの?

投稿日:




生きていくにはお金が要ります

最近定年を迎えて、再雇用制度で働いている先輩がいます。名前はYさん。Yさんと世間話をしているといつもお金の話になります。

「手取りで20万切るぐらいしかもらえないから、ホントに厳しいよ・・」

Yさんが勤めてきた会社は、ウチの子会社にあたります。再雇用だと給与体系も変わるようで残業代も出ないため、好きなパチンコに行く回数もめっきり減ったそうです。

私「Yさん、ローンとかまだ残ってるんですよね。あとどれくらい?」

Yさん「まだあと2,000万近くあるよ・・」

私「え、結構ありますね。いつまで払うんですか?」

Yさん「75歳までかな・・生きてないって、そんなに・・」

Yさんはあと約15年間毎月10万円を支払い続けなくてはなりません。今の手取りからローンと光熱費を引くと残りは5〜6万しかないらしく、そこから食費を削ってパチンコに行っては勝ったり負けたりしているそうです。パチンコを辞めればいいに決まっているのですが、私も長いことやっていたので偉そうなことは言えません。あと2年で年金が貰えるらしいのですがひと月当たり7万円程度だそうで、悠々自適な年金生活は望めそうにありません。

私「Yさん!これはもう死んじゃうしかないですよ!死ねばチャラですよ!」

Yさん「そうだな!死んじゃうしかないか!願わくばポックリだな!ガハハ!」

Yさんは酒の飲み過ぎで体が悪く、しょっちゅう入院したりするので冗談では済まないのですが、本人は楽しそうなので良しとします。

でもYさん、酒を飲んだりタバコを吸ったりパチンコしたりと好きなことをやってポックリ死ぬならいいけれど、生きてる間はずっと金銭的に苦しいんじゃないですか・・?

人ごとではありません

Yさんの場合はこうでしたが、何もしないでいると私も同じコースを辿りそうです。私のローンはあと4,000万も残っていますし、払い終えるのは70歳です。Yさんと同じくローンの返済はおよそ月10万で、残念なことにボーナス払いもしなくてはなりません。Yさんは一軒家ですが、私はマンションなため管理費も上がっていくことでしょう。Yさんと同じく死ぬしかないかもしれませんね。

そうは言ってもまだまだ死にたくありませんし、生きてる間ずっとお金に困る生活は嫌ですね。会社勤めをしている限りローンの返済は滞ることはないと思うのですが、定年後はどうでしょう。

ねんきんネットで調べてみると、このまま定年まで会社勤めを続けた場合、月の支給額は16万ちょっとでした。年金制度が破綻しなければ、65歳からは月々16万円もらえます。正確には隔月で32万ですかね。再雇用制度を使わなかった場合は60〜65歳までは収入がありませんし、日本の財政では年金の支給も遅くなるでしょう。厚労省が、厚生年金の加入期間を70歳以上にも延長する、という案を検討するという記事が日本経済新聞に出たそうです。私の年金は無事に試算通りもらえるのでしょうか。

定年時にはいくらあるの?

現状の私の高配当株資産の入金ペースは年に100万ちょっとです。現状のペースのまま60歳で定年だとしたら、あと20年なので2,000万程度は入金できるはずです。税引後4%の配当金は全て再投資、複利で増えたとしたら3,200万円くらいになるそうで、ここに退職金と確定拠出年金を加えると4,000万円以上にはなりそうです。定年後からは再投資せずに配当金をありがたくいただくとすると、4,000万の4%は160万円なので、月々13万円程のお金が入る計算です。(私は昔から計算はからっきしのため、合ってるのかさっぱり自信がありません)

60歳で定年、65歳で年金受給の場合、60歳からは13万円、65歳からは29万円で過ごすことになりそうです。70歳までローンが残っているので、どう考えても60歳からの5年間に無理がありますね。ローンを払うためには少なくても5年間は再雇用制度にすがるしかありません。

私は年を取っても働き続けるのは本意ではありません。しかしこのままだとローンを払うためには働き続けるしかなさそうです。

今後は・・?

・出来る限り節制して入金額を上げる

・増配にとことん期待する

ということで現実は厳しい。








-雑記

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.