78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

雑記

学生時代の生活費には戻れないの?

投稿日:




貧乏学生でした

社会人になって結構経ちますが、なかなかお金が貯められません。学生時代は月に10万円でやりくりできていたはずなんですが、今は3倍くらいもらっているはずなのに、どういうことでしょう。

学生時代を思い出すと、10万円の使い道は

・家賃23,000円→途中で引っ越して家賃35,000円に

・電気・ガス・携帯代15,000円くらい

・食費30,000円以下

・自由なお金20,000円くらい

といった感じだったと思います。

家賃や光熱費は削れないので、いかに食費を抑えるかに情熱を捧げていました。最初の頃は調理器具も無かったので、ヤマザキのチョコチップスティックパン(9本入り)を朝昼晩で1本ずつ、3日に分けて食べていたと思います。調理器具が揃ってからはひたすらもやし炒めでした。当時マクドナルドのハンバーガーが1つ50円くらいで買えたため、まとめて買って冷凍保存してましたね。あとはコンビニの廃棄弁当を拝借したり、灰皿に捨ててあるシケモクを吸ったりもしてました。月に一度の吉野家が、唯一肉を食べる機会です。もちろんみるみる痩せて、実家に帰省するたびに親に心配されたものでした。

今はどうでしょう。手取りは30万くらいですが

・ローン+管理費129,830円

・光熱費・通信費25,000円程度

・食費70,000円くらい

・なんやかんやで50,000円くらい

・自由なお金は20,000円程度

ということで、自由に使えるお金は学生時代とたいして変わっていない様子です。(だいぶざっくりな支出管理ですが、ホントはマネーフォワードが細かくやってくれているので良しとします)

まずいことになってます

現状の家計を逼迫しているのは住居費ですね。ローンと管理費を合わせて13万は多すぎます。ローンを組んだ当時はしこたま残業代があったのでなんとかなっていましたが、異動してからの給料だとかなり厳しいです。

住居費を下げるためには、引っ越すか繰上げ返済をするしかありません。今のマンションは会社から近くて街も利便性が良いため、売って引っ越す気にはなれません。繰上げ返済に関しては、そっちに回すよりも株式購入に回した方がいいと思ってますので今はやりません。

次に多いのは食費です。毎月6〜7万はかかっていますが、飲み代を合わせると10万くらいは使ってますね。使ったお金は如実にお腹に表れていて、すっかりメタボなおじさんになってしまいました。

食費を減らすには外飲みをやめるのが一番だと思うのですが、よく行く焼き鳥屋のかわいい店員さんに会えなくなるのは嫌なので、せめて家ではもやしを食べて過ごそうと思います。チョコチップパンはすっかり嫌いになってしまったので。

光熱費・通信費はほぼ決まってます。オール電化なので電気代は高いです。携帯もauなのでそこそこします。ネットもau光なので、なかなか切り替える踏ん切りがつきません。

大人になると、言い訳が増えます。

ということで昔も今も、削るべきところは食費しかない、ということになりました。(ほんとは焼き鳥代も削れるのですが、削りません)

結論

固定費削減が有効なのは重々承知してますが、一度生活レベルを上げてしまうと学生時代の生活には戻れません。

もう40歳なのにもやしばっかり食べてるのはとても情けないのですが、今まで遊びまくった報いです。しっかり受け入れて、もやし生活から脱出するためにも粛々と株を買い続けたいと思います。







-雑記

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.