78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

雑記

お金のかからない過ごし方は?

投稿日:




平日休みの過ごし方

昨年部署異動になってからは基本的に土日がお休みになりましたが、土日に当番という形で出社すると、平日に代休を消化することになります。土日の休みとは違って出かけるにもそれほど混んでいませんし、移動中のサラリーマンを見るとなんだか優越感に浸れるので平日休みはとても好きです。

土日は外出してもどこも混んでいるので家で過ごすことが多いのですが、せっかくの平日休みに家にいるのももったいないですね。一人旅とかにも憧れるのですが、お金が無いので行けません。できるだけお金をかけずにひとりでできる過ごし方を昔から探し続けているのですが、最近ようやく楽しんで続けられそうなことをいくつか見つけました。

続けられそうなのは?

今までに試してきた中で、継続して楽しめているのは

・遠くまで美味いものを食べに行こうツーリング

・見知らぬ土地を歩き回って猫ちゃんを探せ大会

・ペットショップに子猫ちゃんを見に行こうツアー

といった様子です。

ツーリングは高速代が結構かかりますが、天気が良ければ本当に気持ちがいいです。猫ちゃん探しは餌代くらいしかお金はかかりません。運良く人馴れしているさくら猫を見つけられれば、思う存分撫でさせてもらえます。

最近ハマってしまいました

今年になってすっかりハマってしまったのですが、

・裁判傍聴

がオススメです。

わたしは都内に住んでいるので東京地方裁判所が近く、家から30分程度で行けます。交通費は地下鉄代だけなので安くすみます。午前中は10〜12時、午後は13〜17時くらいまで毎日色々な裁判が行われていて、入るのも出るのも自由です。今日はお昼頃に行って、地下の食堂でご飯を食べて、夕方までたっぷり傍聴してきました。食堂のランチは600円前後と都心にしてはリーズナブルな価格設定になってます。地下鉄代とランチ代合わせても1000円程度で楽しめるので、コスパのいい趣味と言えるのではないでしょうか。

裁判傍聴なんて悪趣味だ、と思う人もいるかもしれませんが、実際に目の前で行われる裁判はいろんなことを考えさせられます。デートコース?になっているのか若い男女二人組もいれば、中学生くらいの団体も見にきています。テレビでみるようなドラマチックな展開はほとんどありませんが、毎回違う人たちの人生を垣間見れて楽しいです。被告人席とは柵で仕切られているのですが、柵の向こうには手錠と腰縄で連れてこられる被告人、柵のこちら側はそれと比べると圧倒的にセーフティなことに安堵を覚えるんでしょうね。確かに悪趣味なのかもしれません。。

ちなみに今日は傍聴芸人で有名な阿曽山大噴火さんと傍聴席で隣同士になりました。ちょっと嬉しい。







-雑記

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.