78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

雑記

有給取らないと損なの?

投稿日:




法律で決まりました

働き方改革関連法が成立したのは2018年6月29日だそうです。2019年4月からは大企業を対象に施行されていますが、もちろんわたしの会社は大企業ではありませんので実際に適用されるのは来年度からになります。

残業は月に45時間までしかできないよというのはもちろん超有名ですが、それに加えて有給も年に5日間消化しなくてはなりません。

わたしの会社はもちろんブラックに近いグレーだと思うのですが、わたしも異動する前は月に100時間の残業なんてザラでしたし、有給なんて病気で入院したとき以外は使ったことがありませんでした。休出ばかりしてるのに有給なんて消化できるわけないよねーと思っていましたが、働き方改革のおかげで嫌でも消化しなくてはなりません。なんせ法律で決まっちゃいましたので。

年に10日以上の有給が付与される社員に対して5日間消化する義務が生じるということで、新入社員でなければその通り消化していっても毎年5日間ずつ繰り越しになるため、MAX40日貯まってしまってるわたしにとっては消化しないともったいないです。部署異動してからはある程度自分でペース配分できるようになったので、これは取らないと損ですね。

有給消化できないと?

年5日の有給が取れなかった場合、30万円以下の罰金が科せられるそうです。まだ施行されて間もないのではっきりしたことはわかりませんが、おそらく社員一人一人に科せられるはずなので、仮に100人が5日間の有給消化ができなかった場合、100人×30万円で最大3,000万円の罰金が会社に科せられることになります。大変!

わたしの会社はちょっと特殊な業界なので、働き方改革なんていう難しいことはよくわかっていない人たちばかりなはずです。残業や休出をしまくってでも手取りが増えることが大切だと思っている、悪くいうとバカの集まりです。異動する前の部署の人たちは今年度になっても、45時間以上の残業なんて嬉々としてこなしています。みなさん口を揃えて「残業しないと給料ガー」とガーガー言ってます。わたしも異動する前はガーガー言ってましたが。

わたしの会社はデスクワークの人たちが50人ほど、それ以外の200人以上は残業上等!な人たちです。確かに仕事量もかなり多いので自然と残業が増えていて、気づけば有給なんてどこへやら、といった様子なんですが、それでも給料に反映されていれば文句もいわずにやるのがわたしの会社のいいところであり、悪いところでもあります。こんな様子ではそのうち体を壊すので、働き方改革は方向転換を考えるいいきっかけになったんじゃないでしょうか。

そもそも200人の残業上等な人たちが全員5日間の有給取得ができるとは思っていないのですが、仮に半分の100人が消化できなかったとすると3,000万の罰金です。わたしが会社の経営者だったとしたら、「君タチのせいで罰金なんだから、その分ボーナスカットね!テヘペロ!」っていうに決まっています。残業上等!残業代マジ感謝!と言ってる人たちも、ボーナス1ヶ月カットはマジ勘弁なはずです。わたしももちろんマジ勘弁。

有給は取らないと罰金です。思っているよりも罰金は高いです。休出したところで一日1万円程度、罰金くらうとボーナスカット、ということなら有給は5日間きっちり消化しないと損ですね。まわりの残業上等な人たちにも、有休消化上等!になってもらえるように伝えていきたいと思います。







-雑記

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.