78年生まれがようやくお金の大切さに気づき、初めてのお金の勉強にトライ。お金の不安が無い将来を目指します。

今から間に合う?お金の勉強

雑記

入金力が低いのはどうするの?

投稿日:




給料が安いです

時間をかけて株式に投資すれば、貯金よりも速いスピードで資産が増えていくのはなんとなく実感でわかってきました。配当再投資に徹すれば尚良し。

資産を増やすためには

元本×利率×年数

のそれぞれを如何に大きくできるかが勝負となりますが、わたしの場合はそれに気づいたのはおじさんになってからなので、年数はこのままいくと定年までの20年程と決まってしまっています。利率は高いに越したことはありませんが、米国の市場平均といわれる7%を常に上回るのは難しいとなると、違いが出るのはいかに元本を増やしていけるか、つまり毎月の入金力しかありません。

わたしは年収600万ちょっとなので全サラリーマンの平均値よりは高いのですが、都内に住んでいるといろんなものが高く、給料がたくさんもらえている感覚は全くありません。

東京都の平均年収は612万だそうなので、ほぼ平均値となります。しかし東京都の40代の平均年収は717万なので、実のところは平均以下の雑魚キャラとなります。

ローンや生活費を除くと月々投資に回せるのはせいぜい5万円程度です。夏と冬のボーナスで一気に入金しても、年間100万円くらいが限度です。

年間100万円ということは月々平均8.3万となりますが、これで利率7%で20年運用できたとするとおよそ4300万円となります。利率10%で運用できれば6300万円です。

仮に毎月20万円入金したとすると、7%の利率で1億400万もの資産が築けます。5%だとしても8200万円です。

複利の力は大きいですが今の状態で利率にこだわるよりは、節約でもして入金を増やした方が効果が高いのがわかります。ではどうやって節約すればいいのでしょうか。

支出の中で一番大きなウェイトを占めるのは、やっぱり住宅費です。毎月10万のローンに加えて3万円の共益費を払っています。手取り収入のうち4割近くが住宅費で消えていることになります。家賃の安い賃貸に引っ越すのが手っ取り早いのですが、今のマンションは職場にも近くて利便性がよく、近所の住宅価格と比べると比較的安く買えていることもあり、なかなか手放す決心がつきません。

節約の基本は固定費の削減なんですが、一番大きい住居費の削減を見送るとすると、あとは変動費である食費や交際費を抑えるしかありません。最近はあまり飲みにも行かず、休みの日はゲームをしたり筋トレをしたりとすっかりインドアになってしまいました。

40代〜50代のサラリーマンをやってる時期までがお金を使って楽しい時期だと思います。ここでお金を使わず節約して老後にお金を残してどうするんだろう、という疑問が湧かないといったら嘘になるのですが、年を取ってからだって絶対にお金は必要なので我慢するしかないですね。サラリーマンを定年したら大事なサラリーがもらえなくなるのだから、今よりお金の価値は重要になるはずです。今まで後先考えずに散々遊んでしまったのだから、今の時期がしんどくても節約に励むしかありません。

そうはいってもツラい節約は続かないと思うので、なんとか楽して節約を楽しめるようになりたいですが、具体策はなにもありません。10月からは消費税増税も控えてますが、なんとか乗り切れるように神頼みでもしながら筋トレすることにします。給料ブチ上がればいいよ。

少しでも節約の助けになるよう、Origami Payを始めました。楽しい。







-雑記

Copyright© 今から間に合う?お金の勉強 , 2019 AllRights Reserved.